かわいいカフェカーテンに使いやすい生地

カフェカーテンを選ぶ時の基準

一概にカフェと言ってさまざまなモデルケースがあり、店舗運営の方針によって立地条件や店舗デザインが異なります。
重要なことはイメージに忠実に店舗を運営してゆくことであり、什器や備品も統一感を出さなければなりません。

カフェカーテンも重要なアイテムであり、清潔感がありメンテナンスがしやすい素材を選ぶことでイメージ作りに寄与してくれます。
カフェカーテンは汚れやすいインテリアなので、定期的に洗浄をしなくてはいけません。
カフェカーテンの予備を用意しておき、クリーニングを行う時にはスペアを使用するのです。

だから生地素材は洗濯をしても傷みにくい耐久性、色褪せがし難いことや乾きの早さなどを目安に選ぶことが必要になります。
生地によりカフェカーテンの価格は大きく変わってきますので、窓やドアが多い店舗のカフェカーテンを選ぶ時にはイメージだけではなく、費用も換算しなくてはいけません。

店舗によってかわいいことやかっこいいこと、無機質であったりポップであったりなどの違いがあります。
客層に応じてかわいい重視であったり、かわいい要素を少なくしたりなども選択基準になるのです。

カフェカーテンならばどんな物を選ぶ必要があるのか

カフェによっては様々な種類がありますが、オープンテラスのあるような開放的な店舗ならば窓やドアも多くなります。
気候や季節により開放的にカフェカーテンを開け放って利用しますが、強い西日や炎天などの気候では、カーテンを使用することも想定出来るのです。

面積の大きなカフェカーテンエリアでは、かわいいイメージはより強調されますし、シックであったり無機質であることも同様にカーテンのイメージで店舗の雰囲気が大きく変わります。
だからこそ室内什器やインテリア選びは慎重に行う必要があり、カーテンも店舗の一部と考えて間違いありません。
10代や20代の女性をターゲットにしたカフェで、パンケーキを提供するお店ならばかわいいイメージを前面に出すことも必要です。
しかしオートバイ乗りが集まる店ならば、店内をウッディにしたりヘルメットやバイクのポスターなどで空間作りをするなど、コンセプトによって店舗デザインは変化します。

まとめ

店舗の方向性やコンセプトによって、室内装飾は大きく変わります。
共通するのは清潔感や、日差しを防いで快適に時間を楽しむなどのコンフォート性です。
カーテンやテーブルなどの室内什器は、こうした共通点に密接な関係があります。

カフェカーテンを選ぶならばメンテナンス性が重要です。
洗いやすく耐久性があり、入手しやすいことがポイントです。
高価過ぎるものは性質上メンテナンスが大変であり、窓辺に置いてあるから日光によって変色することも考えられます。
そうした状況を背景にして、カフェカーテンを選ぶことが大切です。

投稿を作成しました 4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

関連投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る